GSKのザガーロを処方しているAGA治療専門病院

ザガーロはGSKこと、グラクソ・スミスクライン株式会社が販売している、薄毛の治療に効果のある薬で、多くのAGA治療専門病院で処方されています。一般の皮膚科などではプロペシアを処方しているところが多いので、この薬を試したいときは薄毛専門に治療を行っている病院に行くようにしてください。高い発毛効果があるので、プロペシアで効果がなかった人は試してみると良いでしょう。

ザガーロの成分はデュタステリドで、もともとは前立腺肥大症のために開発されましたが、薄毛を改善する効果があることがわかったため、今ではその治療のために用いられるようになりました。抜け毛の原因は男性ホルモンのDHTなので、この物質が作られないように抑制できれば、抜け毛を防いで、発毛を促すことが出来ます。プロペシアはDHTの働きを抑えられるため、皮膚科などでは良く処方されていますが、近年はザガーロの方がその効果が高いことがわかってきました。国内では2015年9月に男性型脱毛症に対し、効能や効果があるということで承認を得ています。GSKは承認を得た後、2016年6月より、0.1mgと0.5mgとカプセルの販売を行っているので、薄毛に悩んでいる人がAGA治療専門病院に行けば、処方してもらえます。薄毛になる原因は、DHTの産生を促す酵素の5α-還元酵素にありますが、これにはⅠ型とⅡ型が存在しています。GSKが販売しているこの薬の素晴らしい点は、5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑えられることです。長年、薄毛治療に用いられてきたプロペシアは、5α-還元酵素のⅡ型のみにしか作用しないので、薄毛のパターンによっては、ほとんど効果がないこともありました。これまでⅡ型にしか作用しないプロペシアを使っても、ほとんど発毛できなかった人でも、この新薬さえ使えば、Ⅰ型とⅡ型の両方に作用するので、薄毛の改善効果を期待できます。国内外の臨床試験の結果でも、脱毛部位に太く長い毛の本数が増えることが認められているので、プロペシアでは効果がなかった人でも試してみる価値はあります。この薬は1日1回、カプセルを噛まずに飲むだけで、徐々に効果があらわれるので、飲み忘れに注意して、続けることが大切です。女性や子供、肝機能に重度な障害がある方の場合は服用できないので、気を付けなければなりません。病院で薄毛の薬を処方してもらう場合、Ⅱ型のみしか効果のないプロペシアよりも、Ⅰ型Ⅱ型ともに作用するタイプの薬を処方してもらえばよいだろうと思いがちですが、そういうわけではないので注意する必要があります。薄毛の原因がⅡ型のみだったときは、両方に作用するタイプの薬を服用してもほとんど効果はないので、意味がなくなってしまうのです。また副作用についても、プロペシアと同じくらい、またはそれよりやや高いことがわかっているので、人によってはプロペシアの方が向いている場合もあります。自己判断はしない方が良いので、病院で相談して、お医者さんに決めてもらうようにしてください。この薬は発売されたばかりということもあり、安価では購入できないので、治療費用を抑えたい人には、プロペシアのジェネリックを選んだ方が良いでしょう。

GSKのザガーロを処方して欲しいときは、AGA治療専門病院に行くことをおすすめします。薄毛専門の治療を行っており、最新の薬を処方してもらえるので、皮膚科で治療を受けるよりも、短期間で髪の毛を増やすことが出来るでしょう。病院のホームページを訪問すると、どのような治療法があるのか、どんな薬を処方しているかなど、詳細に説明しているところが多いので、まずは複数のサイトをチェックし、自分に合ったところを選ぶようにしてください。

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です