AGA病院の選び方と処方薬などの比較

主に男性に見られる薄毛を男性型脱毛症(AGA)といいます。遺伝的要素、環境要素などが複合的にかかわって起こる症状ですが、根本的なリスクとなる要因はいまだ明確になっていません。ただし、男性ホルモン(特にジヒドロテストテロン)がリスクの一つであることは特定されています。そのため、ジヒドロテストテロン(DHT)抑制が男性型脱毛症(AGA)治療に役立ちます。

日本では、薄毛に対する対処法としては市販の育毛剤や増毛剤などを使用する方法が長く主流となっていましたが、米国などでは脱毛治療が産業として成り立っています。脱毛治療の研究が進むなか実際に効果のある治療法が徐々に確立し、日本でも近年AGA治療を行うクリニックなどの医療機関が増えてきています。

テレビなどを通じてAGA治療を医療機関で行うことを広報するようになり、インターネットで検索をするとAGA病院を探せるようになりました。もしも、薄毛で悩んでいるのであれば、早めに医療機関で治療を受けることをおススメします。また、AGA治療は短期間で終わるものではないため、通院しやすい医療機関であるかも病院選びのポイントになるかも知れません。

AGA治療を行う診療科は皮膚科で、一般の皮膚科、美容・皮膚科、また中には内科でも薄毛治療に対応しているところがあります。治療にかかる費用や処方される薬なども医療機関ごとに異なる場合がありますので、評判の良い医療機関を選んで比較・検討した後に受診するようにしましょう。

また、AGA治療を専門に行う専門外来は、一般の頭皮治療を行う皮膚科クリニックなどに比べて様々な点で違いがあります。例えば、専門外来では治療を始める前に血液検査・血圧測定などの検査を行いますが、一般の頭皮治療では一部の医療機関を除いては行わないのが一般的です。診察についても専門外来では毎月医師による問診・視診・触診を行い、また頭皮撮影などをして治療効果の判定をします。また、専門外来ではフィナステリド、ミノキシジル、抗炎症剤、ビタミン類ナステリドなどを処方します。一般の頭髪治療に比較して治療にかかる費用が割高になりますが、患者の状態に応じて適切な治療を行うという特徴があります。

インターネット上にはAGA治療に関する情報が数多くありますが、AGA(エージーエー)と病院についての情報を掲載している「ヘアメディカルグループ」のサイトには、薄毛に悩む方達にとって役立つ情報が掲載されていますので、一度参考にサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です